SEARCH

「形成外科」の検索結果30件

  • 2020年5月15日
  • 2020年5月19日

献血バスへ

「400ccって大量出血だわ〜」 献血バスの中での感想。 「血液が足りない」こんな記事を目にし、献血バスへ赴いたのです。 コロナ自粛で献血に出向く人が減ってしまい、輸血製剤が不足しています。ヘルプ!!とのこと。 ほいじゃあ行ってこようか。ということで調べたら(日本赤十字社埼玉県赤十字血液センター)、 […]

  • 2020年4月24日
  • 2020年5月15日

かなざわの下積み時代|医師4年目

形成外科専門医になる前 まぶた治療に目覚める前 私は何をしていたのでしょう? 場所は名古屋大学。 再建手術の勉強をしていました。 悪性腫瘍の手術では、病巣部を広く切り取ります。大きな欠損ができるので、これを埋め合わせて修復するのが形成外科の仕事。 医師になってまだ4年。知識も技術も持たない私は上級医 […]

  • 2019年10月29日
  • 2020年5月15日

まる4年でサブスリーを達成したブロガー形成外科医|40歳を超えてからのマラソン挑戦

サブスリー達成 「うっ、うっ」 嬉し泣きではない😅 うめき声だ。両足の焼けるような痛みにこみ上げる吐き気🤢 マラソンでゴールをまたぎ、両膝に手をついていた時だった。 遂にフルマラソンで3時間を切ったのだ。 夢のサブ3である。これを獲得したらさぞかし歓喜の涙をウルウル流すに違いないと予想していた。 が […]

  • 2019年7月26日
  • 2020年5月15日

教科書を「守破離」する

教科書が正しいとは限らない このイラスト。わたしが医師になったばかりの時に購入したテキスト(形成外科手術書改訂第3版、南江堂、1999)に引用、掲載されているもの。(初版が1969年) 眼瞼挙筋腱膜と隔膜が瞼板上縁前面で合流しつつ瞼板に付いています。相当にデフォルメされています。 一方、近年見るイラ […]

  • 2019年4月12日
  • 2020年5月14日

皮膚縫合のこだわり

皮膚縫合のこだわり そう聞くと、「金沢は皮膚縫合に対して思い入れのある手技をもっている」と思われるかもしれませんが、違います。 理想の縫合方法とはなんだろう??と日々思い悩むのです。 皮膚縫合と一言で言っても、、 皮膚へのメスの入れ方による皮膚断面の違い 皮下剥離の仕方(層、広さ、鈍的、鋭的) 真皮 […]

  • 2019年2月19日
  • 2020年5月18日

漏斗胸手術の第一人者、永竿智久先生

胸郭変形症のオーダーメード治療 某所で永竿智久教授(香川大学形成外科講座)の講演でした。 永竿先生はパターンの決まった手術が漫然と行われていた漏斗胸の世界に新風を巻き込み、まったく新しい術式や概念を提唱されて、日本でもトップクラスの成績を出しています。それは現行の治療法にはまだまだ、改善すべき点があ […]

  • 2019年1月18日
  • 2020年5月18日

JATECコースに参加して鼻血が出た

Japan Advanced Trauma Evaluation and CareTM(JATECTM) 外傷救急の初期対応のトレーニングです。丸2日間のみっちりコースです。 イメージは以下の動画のようなものです。 わたしも三次救急病院に勤務し、夜間救急も担当していました。当時、形成外科医にとっては […]

  • 2018年9月11日
  • 2020年5月14日

セルバン教授のはみ出たお腹

飛び出たまあるいお腹から「おへそ」がチラリ、ホラリ それはジャン・マリー・セルバン医師による教授回診@パリ第七大学病院形成外科のシーンだ。 そのセルバン教授の訃報に接した 時は10年以上遡る。 医師になって7年程であった私はパリのサン・ルイ病院(Hôpital Saint-Louis)に2ヶ月ほど遊 […]

  • 2018年7月13日
  • 2020年5月14日

平昌リゾートで走る場所はあったが結構エキサイティング

こんにちは〜😄 走り始めて間もなく3年になります金沢です。 出張のときは走れるか?を基準にホテル探ししています。 先日ご報告した、韓日形成外科学会で平昌(ピョンチャン)へ、ランニングウェアとシューズそしてランニングウォッチを忍ばせたのです。 今後、仕事でピョンチャンリゾートへ行く機会のあるランナー向 […]

  • 2018年6月22日

形成外科医、酒井成身先生は〇〇が好き

酒井成身(しげみ)先生のご紹介 日本における、「自家組織による乳房再建」の黎明期を支えた形成外科医です。「広背筋皮弁」による乳房再建を普及させました。 背中の筋肉と皮膚(および皮下脂肪)を利用します。血流を遮断しないように繋がったまま乳がんで失われた胸に移植します。 乳がん治療で失われた「乳房」を取 […]