丸編みと平編みの違い|リンパ浮腫

  • 2014年5月29日
  • 2020年5月11日
  • 未分類
  • 177View
  • 0件

こんにちは金沢です。
重度のリンパ浮腫患者さんが平編みの装具を試されました。
ベルクロ仕様で包帯やストッキングとは違う形態です。平編みで厚手で硬い素材での着脱の困難さをベルクロ仕様でクリアされてます。合理的な仕組みです。
半日試して効果が期待できそうとのことで購入を決意されました。
リンパ浮腫の弾性着衣の素材には

丸編みと平編み

があります。
丸編みはよく普及しているストッキングの編み方。筒型に編み込まれていくタイプです。
一方、平編みは厚くタフにシート状に編み込まれたものを型取り裁断して縫製します。オーダーメイドに対応しやすいです。
リンパ浮腫の圧迫には面で圧迫できる平編みが理論的には効果的とされています。
例えば、リンパ浮腫の重度な患者さんにはくびれができています。丸編みの素材ではくびれに圧力が集中しやすくなる一方、平編みは突出部位を効果的に圧迫できます。
弾性着衣は種類は豊富です。それぞれ一長一短の特徴があります。
自分の肌にあった素材、着脱しやすさ、苦痛の程度、コスト、見栄えなど様々な要素から検討して選びましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!